So-net無料ブログ作成

闇夜を駆ける二匹の猫 [小説:Dolly Shadow]

アヤセ
 
 さぁ、これでゲームセットだ。
 言い残すことはあるかい? 懺悔する気があるなら、聞いてやるぜ。
 ……この似非神父め?
 あはは、そうだな。そう見えるかもしれねーな。
 確かに、オレにはもう神父の資格はねぇ。何しろ、教会を破門されちまったからな。
 でも、だからオレが似非だと?
 オレに、神様の声が聞こえないとでも?
 ああ、聞こえるさ。アンタの声なんかより、ずっとよく聞こえてるぜ。
 教えてやろうか? 神様は、酷くお怒りだ。
 何しろ、オレの神様は我らリヴリーを愛して下さっていてね。その命を奪うアンタら魔物共を、決してお許しにはならないんだと。
 オレは、そうやって神様の声を聞いてきた。
 教会にいる時からずっと…… 知ってるか? ただ祈ってるだけが、教会の務めじゃないんだぜ?
 ああ、そういう清らかな神父様もいるだろう。
 だが、オレはそうじゃない。
 正直言って、オレは別にアンタに恨みはねーよ?
 でも、オレも生きてくには金が必要でね。全く、野良猫ってのは辛いもんだぜ。
 アンタをGLL警察に突き出せば、オレの神様はきっと喜んで下さる。
 ついでに、オレも僅かの金がもらえるってわけさ。
 あはは、確かに似非神父かもな。全国の神父様に懺悔して来なきゃだ。あははは。
 
 さてと、そろそろタイムオーバーだ。
 せっかくの懺悔の時間、無駄にしやがって。それだけでも罰が当たるぜ?
 さぁ、いと罪深き虫ケラよ。
 数多の命を奪った己の罪、虫籠の中でせいぜい悔いるが良い。
 じゃあな。運があればまた会おうぜ。
 神様がアンタをお救い下さいますように……
  
 
 
 

 
 
 
アヤセ
【イラスト/桜井嬢】


■ 名前/アヤセ
■ 種族/クロメ
■ 性別/男
■ 年齢/19歳
■ 身長/172cm
■ 職業/フリーの賞金稼ぎ(モンスター限定)
■ 一人称/オレ

■ 髪/ハニーブロンドに近い淡い金髪
■ 目/スカイブルー
■ 耳/髪と同じ色
■ 尻尾/漆黒
■ 神父の法衣/喪服のような黒

・ 元神父の賞金稼ぎ。バンリとは協力関係。
・ 二丁拳銃使い。銃には暴徒鎮圧用のゲル弾が装填されている。
・ 完全な魔法使いのバンリとは違い、能力に制限のある不完全な魔法使い。魔法の力を自身の身体能力強化に使っている。
・ 無実の罪で教会から破門されたらしいが、真相は決して語ろうとしない。
・ 今でも厚い信仰心に変わりはない、と本人談。
・ 毎朝、ロザリオの祈りは欠かさない。それがアヤセの魔法の源。
・ 常に少量のお酒が入った状態。軽度のアルコール中毒。
・ 明るい皮肉屋。生意気で憎めない小悪魔。色々と吹っ切れたある意味“大人”
・ 企業人が大嫌いで、千紗への敵意を隠さない。バンリが千紗と付き合っていることも、良く思っていない。
・ 実は『綾瀬』という本名を持っているとかいないとか。
 
 
 

 
 
■ 唐突にですが、新リヴ登場であります。G-livの方では一足先にお披露目しましたが、こちらでも改めて。
クロメのアヤセと言います。脳内子です。
ミズリがTPRGで使っている一番のお気に入りキャラで、もっと活躍させてみたくて、クロメの子として転生させてしまいました。
うん、どこかで見たような見た目と設定なのですが…… 最初モデルにしたのはあの子だったはずなのですが…… TRPGで扱っているうちに、何やら別人のようになったという……

■ クロメのアヤセは、19歳の元神父。
教会を破門された身でありながら、未だに神父の法衣に身を包んでいます。
得意の二丁拳銃は、教会にいる時に仕込まれたもの。教会の影の部分で育ってきた子なので、今こうして都会の闇を駆けることにも躊躇いはありません。
ただ、誰の保護のない『野良猫』になってしまったことは、自由で良いと開き直る反面、それなりに辛いと思っているようです。
ヒナタからの紹介でバンリと知り合い、時々一緒に仕事をするようになりました。
一応、バンリには一目置いています。
BLが基本のうちのブログですが、今のところアヤセはお相手いません。フリーの状態。
今でも自分は神父だと思っているので、恋愛する気はあんまり起きないのかもしれない……
アヤセデフォルト.jpg
デフォルトだとこんな感じ。
お日さま色の髪の、小悪魔な猫ちゃんです。
今後ちょこちょこっと出てくるかと思いますので、どうぞよろしくお願いしますー。

■ ところで、今週のヤミー。
家庭菜園シリーズ可愛いですねー^^ ちょっと欲しいけど、でもうちの子に家庭菜園やりそうな子はいないなぁ……;
ビーズの指輪帽子は、ちょっと心惹かれますけど。
んー…… 今週は我慢?



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「アヤセ君……!」
 背後からの声に、アヤセは素早く振り向く。
 ひとつに束ねたその髪が、ふわりと大きくたなびいた。あたかもそれは、都会の闇に射した月光のよう。だが、そのブロンドの色は、陽だまりのような金だ。
 駆け寄って来た男に、アヤセはトンッと背中を合わせる。
 それを合図に、男は手にした杖を振りかざすと、口早に呪文のような物を唱えた。
 直後に響き渡る、乾いた銃声。
 だが、銃弾は見えない壁に吸い込まれ、アヤセの数センチ手前でぼろぼろと地面に落ちた。
 ヒュウと、アヤセは口笛を鳴らす。
「おおっと…… オレとしたことが、油断するとこだったぜ。サンキュー、バンリ」
「いいえ、お気になさらず。と言っても、アヤセ君でしたらこれくらい余裕で避けていたでしょうけどね」
 ふふっと笑みを洩らして、バンリと呼ばれた男は、顔だけをアヤセに向けた。
 サラリーマンのようなスーツ姿の上にあるのは、女のように整った眼鏡面。今まさに銃弾に晒されていると言うのに、その穏やかな微笑みは、まるでカフェで談笑でもしているかのようだ。
 全く、恐ろしく場慣れした男だ……。
 頼もしい助っ人に、アヤセはニッと笑って見せた。
 それは、バンリのような品の良い微笑みではない。まるで、獲物を目の前にした猫がにゃぁおと舌なめずりするような、どこか小悪魔的な微笑。
 そう。こなしてきた場数なら、こっちだって負けてはいない。
「いいさ…… いちいち避けて回るのも、疲れるしな」
 くくっと喉を鳴らして、アヤセは獲物を握り直す。
 白いその手にあるのは、無骨な大型拳銃。アヤセの細い体付きには、あまりにも相応しくない武器。
 だが、アヤセはそれを軽々と振り上げる。まるでそれが身体の一部であるかのように。
 闇夜に吹く風にはためく、漆黒の法衣。
 拳銃を握った腕を十字に交差させ、アヤセはすっと息を吸った。
「いいぜ、バンリ。シールド切ってくれ」
「はい。では、五秒後に解除します」
「了解」
 背中で始まる、静かなカウントダウン。
 見えない暗闇を透かすように、アヤセは目を細める。
 見えない?
 いや、ちゃんと見えている。
 銃弾が防がれたことに驚き、慌てて銃を構え直す魔物共の様子が、自分には見えている。そう“教えられている”。
「神様、神様、全ては御心のままに……」
 そっと、アヤセは目を閉じた。
 信じている。オレの神様は、オレを裏切らない。そう信じてる。
 だから、オレの身には魔法が宿る。
 神様、貴方のご加護に感謝します。
 そして、願わくば…… オレのこの銃弾が、罪深き魔物の眉間にズドンと撃ち込まれることを。
「1…… ゼロ。解除します」
 バンリの声が宣言し、周りを覆っていた魔力がパンッと弾ける。
 その瞬間、アヤセはしなやかに跳躍した。
 それはまるで、闇夜の猫。もう戯れの時間は終わった。本気で獲物を仕留めようと駆けだした猫。
 背後で響く稲妻の音を聞きながら、アヤセはドカッと壁に足を突いた。
 その陰で、銃を構えた魔物がびくりと身を竦ませる。
 銃口が狙っているのは、何もない虚空。
 アヤセは、ニヤリと唇を吊り上げた。
「残念だったな、虫ケラ」
 銃を突き付け、引き金を引く。
 バンッと軽い音がして、魔物は吹き飛ぶようにして後ろに倒れた。だが、その額から血しぶきは上がらない。
 先端のつぶれた弾が、ころころと地面を転がった。
 それをつまらなそうに蹴り飛ばして、アヤセは振り返る。
「バンリ、そっちはどうだ?」
「ええ、こちらも終わりました」
 そっと眼鏡を押し上げて、バンリもアヤセの方を向く。
 その杖が指す先には、うっすらと煙を上げる魔物が倒れていた。焦げたのは、革ジャケットの表面だけ。その煙も、すぐに消える。
「相変わらず見事なお手並みですね、アヤセ君」
「あはは、アンタこそ。そのクールさ、惚れ惚れするぜ」
「ふふっ…… 僕こそ、うっかり見とれてしまいそうでしたよ?」
 そんな戯れを言いながら、アヤセとバンリは笑い合う。
 バンリは、穏やかにくすくすと。
 アヤセは、無邪気にケラケラと。
 魔物達が転がる路地裏で、神父とスーツの男が笑い合っているという光景。雲の切れ間から覗く月が、その異様な光景を優しい光で照らし出す。
 そこへ、一人の足音が近付いて来た。
 それに警戒することなく、二人は振り返る。
「よぉ、マリィちゃん、アヤセ。無事終わったみたいで何よりだ」
「ああ、ヒナタさん。お疲れ様です」
「待たせたな、ヒナタ。アンタの仕事ちゃんと作ってやったぜ?」
 やってきたヴォルグの男を、アヤセとバンリはそれぞれの笑顔で迎えた。
 それはまるで、愛らしい二匹の猫。
 その微笑みに思わず苦笑しながら、ヒナタは小さく肩をすくめると、手に持った拘束具を魔物達に掛け始めた。
 
 
 
 
nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

nice! 29

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。