So-net無料ブログ作成
小説:Dolly Shadow ブログトップ
前の3件 | -

闇夜を駆ける二匹の猫 [小説:Dolly Shadow]

アヤセ
 
 さぁ、これでゲームセットだ。
 言い残すことはあるかい? 懺悔する気があるなら、聞いてやるぜ。
 ……この似非神父め?
 あはは、そうだな。そう見えるかもしれねーな。
 確かに、オレにはもう神父の資格はねぇ。何しろ、教会を破門されちまったからな。
 でも、だからオレが似非だと?
 オレに、神様の声が聞こえないとでも?
 ああ、聞こえるさ。アンタの声なんかより、ずっとよく聞こえてるぜ。
 教えてやろうか? 神様は、酷くお怒りだ。
 何しろ、オレの神様は我らリヴリーを愛して下さっていてね。その命を奪うアンタら魔物共を、決してお許しにはならないんだと。
 オレは、そうやって神様の声を聞いてきた。
 教会にいる時からずっと…… 知ってるか? ただ祈ってるだけが、教会の務めじゃないんだぜ?
 ああ、そういう清らかな神父様もいるだろう。
 だが、オレはそうじゃない。
 正直言って、オレは別にアンタに恨みはねーよ?
 でも、オレも生きてくには金が必要でね。全く、野良猫ってのは辛いもんだぜ。
 アンタをGLL警察に突き出せば、オレの神様はきっと喜んで下さる。
 ついでに、オレも僅かの金がもらえるってわけさ。
 あはは、確かに似非神父かもな。全国の神父様に懺悔して来なきゃだ。あははは。
 
 さてと、そろそろタイムオーバーだ。
 せっかくの懺悔の時間、無駄にしやがって。それだけでも罰が当たるぜ?
 さぁ、いと罪深き虫ケラよ。
 数多の命を奪った己の罪、虫籠の中でせいぜい悔いるが良い。
 じゃあな。運があればまた会おうぜ。
 神様がアンタをお救い下さいますように……
 

続きを読む


nice!(29)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:LivlyIsland

野良猫バンリさん + はぴば! [小説:Dolly Shadow]

 
 
 たまに、考えるのです。
 僕という存在は、一体どんな意味があって、“ここ”にいるのかと。


前の3件 | - 小説:Dolly Shadow ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。